ブルックリン発のDIYガールCOMPUTER MAGICが来日!

記事をシェア

ブルックリン発のDIYガールCOMPUTER MAGICが来日!

コンピューター・マジックがデビューアルバムを携えて、4月7日(東京)、8日(名古屋)、9日(京都)と日本ツアー3公演を行い、スタートアップである東京公演へ取材に行きました!

 

☆コンピューター・マジックってどんな子?

2010年の夏休み期間にブロンドヘアがキュートなダニエル・ジョンソン(通称ダンジー)が始めたプロジェクト。

ダンジーの趣味はライトセーバー集めでちょっぴりナードな一面も。

音楽のほかグラフィックデザイナーやブロガーとしての顔も持つ、本格マルチクリエイター。

 

最近では1月に日本限定のスペシャルアルバム「Mindestate」を発売し、iTunesエレクトロ二ックチャート1位に輝き、キユーピーハーフのCMソングやLEXUSASのCMで「Running」が起用されるなど、その活躍に目が離せない今をときめくIT ガールなんです!

 

CM1
1photo by Yuki Maeda (Tugboat Records)

 

20:00。会場にスポットライトが当たると同時に人気の火付け曲にもなった「End of Time」のミュージックビデオでも着用しているブルーの宇宙服姿でダンジーが登場。

可愛い日本語で挨拶。「みんな踊って~!」のかけ声と共にライブがスタート!

 

新曲の「Shipwrecking」ではスペシャルゲストとしてシタール演奏者のAki Uedaさんが登場。

ダンジーの歌声とシタールが奏でるハーモニーが、さらにサイケデリックな雰囲気を演出し、会場をコンピューター・マジックの世界観に取り込みます。

 

CMシタール2

2シタールphoto by Yuki Maeda (Tugboat Records)

 

今回のセットリストは1月に発売された「Mindstate」や2013年のアルバム「Phonetics」に含まれた楽曲を中心に演奏され、コンピューター・マジックの集大成を感じられました。

さらに、最近彼女がSoundCloudでドロップした「Dreams of Better Days」や「My Love」の演奏も聴く事ができました。彼女のサウンドクラウドも是非チェックしてみてください。

 

CM3
3photo by Yuki Maeda (Tugboat Records)

 

VJもとってもクールで、曲の世界観にすごくマッチしていました。

ビートルズのルーシーインザスカイを思い出させるようなイラストと、未来を感じさせるカオティックなコラボレーションアニメの演出がさらに世界観を引き立てました。

 

ライブ終了後は、コンピューター・マジックワールドが詰まったZINEを早速購入! するとダンジーから直接サインと手渡し!!

また、ライブ衣装やガールズアートークについてのお話もでき、とってもスペシャルな時間を過ごしました!!!

今回の来日公演。新しい楽曲を聴いて、改めて彼女の才能に驚かされました。

これからの彼女の活躍に目が離せません!

 

 CMトップ画

「Mindstate」発売中 (日本だけのスペシャル版!)

11156765_1097044700312252_720115687_n

1. Running

2. Time To Decide

3. I’m The Pro

4. All I Ever Wanted

5. Another Science

6. It Makes No Difference

7. Everest

8. Mindstate

9. My Love

10. Time And Reason

11.Addition

 

◇Official site

http://thecomputermagic.com/□Facebook

◽︎Face book
https://www.facebook.com/computermagic

△Soundcloud

https://m.soundcloud.com/computer-magic

○Instagram

@danz_magic