『東宝スタジオ展 映画=創造の現場』@世田谷美術館で 映画の裏側へDIVE!『ゴジラ』や『七人の侍』の現場に迫る!

記事をシェア

『東宝スタジオ展 映画=創造の現場』@世田谷美術館で 映画の裏側へDIVE!『ゴジラ』や『七人の侍』の現場に迫る!

©TOHO CO., LTD

 

誰だって、好きな映画1本、2本はきっとあるはず…
そんな、あなたにとって映画作品を思い浮かべてみましょう

 

写真②

 

テレビが一般家庭に普及するまでのあいだ…
映画は「世界で起こっている出来事」を世間に広く知らせるための報道媒体であり、
映像や音楽といったエンターテイメントを魅せる庶民にとっての数少ない娯楽でもありました。

しかし、映像技術が格段に進歩し、テレビが報道媒体や娯楽の両質を満たした現在でも尚、
私たちが映画館足を運ぶのはどうしてなのでしょうか?

迫力ある大画面のスクリーンや、リアルなサラウンド音響が、
劇場内に1つの世界を作り出し、観客を作品の中へ引き込みます
そして映画は、作品を通して喜怒哀楽だけでなく、様々な疑似体験をさせてくれます。
鑑賞した私たちは映画の影響を少なからず受けています。
それが、映画の力です。

今回の展示では東宝映画作品の裏側…その製作過程体感できることで、
映画という文化への理解深められると同時に、
その秘められた力を解き明かせる内容となっています。

 

写真③-i 写真③-iii

 

1954年に公開された…
怪獣映画の金字塔であり、新作が2016年に全国公開されることが明らかになった『ゴジラ』
昨年のハリウッド版『GODZILLA』も記憶に新しいですね。

『ジュラシック・パーク』など、数々のヒット作を手がけているスティーヴン・スピルバーグや、
『スター・ウォーズ』ジョージ・ルーカスなど、各国の映画人から支持され続けている、
「世界のクロサワ」の代名詞でお馴染み! 黒澤明監督が手がけた『七人の侍』

これらの代表作をはじめとした様々な作品裏側に迫ります

 

写真④-i

 

ポスター、スチール写真、記録映像などの資料はもちろん、
監督の絵コンテセット美術のデザイン画衣装のデザイン画映画音楽の楽譜…
様々な映画を形作るものたち。その展示数の多さ豊富な情報量に驚きが隠せません!

 

写真⑤-i

 

当日はレセプションのため様々な関係者がいらっしゃいました。
その中で、祝辞の挨拶を述べるため壇上に立たれた恩地日出夫監督が、
「現場の人たちに可愛がられたり…イジメられたり…意地悪されたり…
 1200人 ( 当時、東宝に所属していた人たち )先生だったよ。」と、
遠い過去に思いを馳せて仰られていたことが印象的でした。

 

写真⑥

 

その言葉の通り…
作品には出演している俳優や女優だけでなく
監督をはじめたくさんの製作人たち人生が行き交ってます

映画作品から登場人物の人生を汲み取るように、
展示物からも製作人たちの歩みを辿って疑似体験してみましょう。
映画の観方がまた変わるかもしれません。

 

写真⑦-i

 

【情報】

『東宝スタジオ展 映画=創造の現場』
会期:2015年2月21日(土)~4月19日(日)
場所:世田谷美術館
   〒157-0075 東京都世田谷砧公園1-2
休館日:毎週月曜日
開館時間:午前10時~午後6時 (入場は午後5時30分まで)
会場:世田谷美術館 1階展示室
観覧料:一般1,000(800)円、65歳以上800(600)円、大高生800(600)円、中小生500(300)円
    ※()内は20名以上の団体料金。
連絡先:TEL 03-3415-6011 (代表) ハローダイヤル TEL 03-5777-8600

【関連企画】

記念講演会
タイトル:「史料からみる砧撮影所―音画芸術の殿堂―」 講師:冨田美香(立命館大学教授/映画史)
日時:2015 年 2 月 28 日(土)/午後 2 時~3 時 30 分(開場:午後 1 時 30 分) 会場:世田谷美術館 講堂
定員:先着 150 名(午前 10 時よりエントランス・ホールにて整理券配布) 聴講料など:無料/手話通訳付 

映画講座―創造の現場を語る(各講演会共通)
会場/定員: 世田谷美術館 講堂/定員:先着 150 名(午前 10 時よりエントランス・ホールにて整理券配布) 時間/聴講料など: 午後 2 時~3 時 30 分(開場:午後 1 時 30 分)/無料、手話通訳付 

1特撮美術篇」講師:三池敏夫(特撮美術監督)×島倉二千六(背景師) 開催日:2015 年 3 月 7 日(土)
2映画監督」
講師:小谷承靖(映画監督)
開催日:2015 年 3 月 8 日(日)
3映画美術」講師:竹中和雄(映画美術監督)×聞き手:竹内悦子(映画美術監督) 開催日:2015 年 3 月 14 日(土) 

「成城映画散歩」-成城界隈のロケ地を訪ねる 内容:成城界隈を中心として、さまざまな東宝映画のロケ地をめぐります(スタジオ内の見学はありません)。 講師:高田雅彦(成城大学学生部次長/東宝映画研究家)
日時:4 月 12 日(日)/4 月 16 日(木)/※両日とも内容は同じ 

いずれも午後 1 時 30 分東宝スタジオ前集合、午後 4 時小田急線・祖師谷大蔵駅前にて解散(予定)
定員:各回 20 名(応募者多数の場合は抽選)
申込方法:当館ホームページ「プログラム&イベント」参加フォームより(3 月 1 日(日)より申込み開始)3 月 14 日(土)申込〆切。 参加費:無料 

100 円ワークショップどなたでも、その場で気軽に参加できる工作など 会場:世田谷美術館 地下創作室 日時:会期中の毎土曜日〔ただし3月28日(土)を除く〕 午後1時~3時 参加方法:時間中随時受付  参加費:1 回 100 円 

 

文/新 麻記子 写真/丸山 順一郎