声×光 究極のアート おおたか静流 with 藤本隆行 くらやみ美術館 【今週のおすすめアート】

記事をシェア

声×光 究極のアート おおたか静流 with 藤本隆行 くらやみ美術館 【今週のおすすめアート】

〜 girls Artalk的♡おすすめポイント 〜

♡ 第一線で活躍するアーティストたちが新作で挑む初の美術展!
 舞台芸術の世界で第一線で活躍し続けるアーティスト二人が、
 市原湖畔美術館の展覧会場で声と光を駆使した究極のアートに挑みます。

♡心地良い空間で声と光の響きをゆったりと鑑賞
 8mの吹き抜けのある展示空間全体に、生命を連想させるオブジェをちりばめた
 大規模なインスタレーション作品に注目。「生と死」をテーマにおおたか静流の
 歌声が空間全体に響き、藤本隆行の光の演出とともに、コンサートホールにいる
 かのような感覚で展覧会を楽しめます。

♡待望のパフォーマンス公演
 2013年にMINAMATAアートミーティング/徳島LEDアートフェスティバルで
 好評を博したおおたか静流と藤本隆行による共演。本展オープニングをかざるのは、
 2人のパフォーマンス公演です。「くらやみ美術館」展覧会会場内を舞台に、
 「光と影」をテーマとした公演を2日間限定で開催します。
 また、5月8日(日)には、展覧会最終幕を、アカペラコンサートで飾ります。

 

【情報】

おおたか静流 with 藤本隆行

会場:市原湖畔美術館

会期:2016年3月26日(土)〜5月8日(日)

(※3月26−27日は、オープニング特別パフォーマンスイベント開催につき、予約制の入場となります。)
入館料:一般=600円・シニア・大高生=500円、中学生以下無料

 

【関連イベント】

1.オープニングイベント『Light & Shadow 』
 3月26日(土)17:00-18:30 / 3月27日(日)14:00-15:30
 出演:おおたか静流、照明/演出:藤本 隆行
 光と影をテーマにした、2日間限定の展覧会開催記念パフォーマンス。
 高さ8mの展覧会場が舞台となります。

2.ワークショップ『お背中音頭』 親子での参加大歓迎 !
 4 月17日(日)/ 4 月29日(金・祝) 14:00-16:00  
 光と影、生と死のなど、「背中合わせの表裏一体の関係」を体感するために、
 おおたか静流が考案した「お背中人形」ワークショップです。
 おおたか静流の新譜「お背中音頭」を、一緒に歌って、踊って楽しみます。

3.『くらやみコンサート』
 5月8日(日)18:45-19:30
 出演:おおたか静流、照明/演出:藤本 隆行
 展覧会のクロージングを飾る、幻想的なアカペラコンサート。

 

【プロフィール】

おおたか静流(おおたか・しずる)

東京都出身。7歳よりクラシックの声楽家に師事。
その後、Jazz、民族音楽の洗礼を受け現在のノンジャンルに至る。
これまでにオリジナルアルバムを21枚リリース、映像、絵画、朗読、ダンスとのコラボレーション等、
ジャンルや国境を越えた音楽活動を展開している。即興のワークショップ「声のお絵描き」を主宰。

藤本 隆行(ふじもと・たかゆき)

アーティストグループ「dumb type」のメンバーとして、主に照明とテクニカル・マネージメントを担当。
2007年には個人の活動として、「脳」に関する考察をもとに、LED照明を含めたデジタル機器と身体の
同期に焦点を当てた有機的な舞台作品「true/ 本当のこと」を発表。最近では、LEDを使い、古典芸能の
「能」の照明演出にも取り組むなど、パフォーマンスのディレクションから能舞台の照明デザインまで、
国内外で幅広く活躍中。