蝶になる前の青虫が食べた葉!? 三嶋章義「明瞭模糊」【今週のおすすめアート】

記事をシェア

蝶になる前の青虫が食べた葉!? 三嶋章義「明瞭模糊」【今週のおすすめアート】

【今週のおすすめアート】

蝶になる前の青虫が食べた葉!? 三嶋章義「明瞭模糊」

 

〜girls Artalk的♡おすすめポイント〜 

♡1990年公開の「ジュラシック・パーク」や2004年公開の「バタフライ・エフェクト」といった映画でも

 取り上げられている「バタフライ効果」に寄せる三嶋氏の関心から生まれた作品シリーズからなります。

♡本展のタイトル「明瞭模糊」は、そのバタフライ効果の問題設定に含まれる「明らかな曖昧さ」を視覚化しよう

 とする三嶋氏の試みに由来する造語で、一連の作品群は「蝶になる前の青虫が食べた葉」を暗示しています。

♡三嶋氏は一連の新作たちを、人の手の痕跡を消すこと、同時に人の知を暗に感じさせること、という矛盾する

 着地点へ導くために、キャンバスプリントのコラージュという手法を用いて制作しました。

♡「描く行為」と「考える行為」とがそれぞれ独自の発展を遂げている現代美術の現在への三嶋氏の挑戦でもあります。

 

【情報】

2016年9月3日(土)-10月1日(土)
オープニングレセプション:2016年9月3日(土) 18:00-20:00
会場:NANZUKA 東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB1F