アートファンを自称するなら行くべし!杉戸洋 とんぼ と のりしろ【今週のおすすめアート】

記事をシェア

アートファンを自称するなら行くべし!杉戸洋 とんぼ と のりしろ【今週のおすすめアート】

【今週のおすすめアート】
アートファンを自称するなら行くべし!杉戸洋 とんぼ と のりしろ

 

〜girls Artalk的♡おすすめポイント〜

♡日本のアート界で今、最も注目されている杉戸洋さん。そんな彼の展示が東京都美術館で開催中!

♡船、家、空とモチーフは至ってシンプルですが、杉戸さんは物事を多面的に捉えることに努め、作品に反映しています。

♡それでも彼の作品を前に、私達が良い意味で戸惑いを覚えるのは、彼が我々の「イメージ」を更に先行き、物事は全て繋がっているという本質に気づかせてくれるからかも知れません。

♡本展では、前川國男さんの建築作品である東京都美術館に着想を得た最新作の他、ドローイング作品を展示。繊細な作品群と、東京都美術館の特徴である吹き抜けの空間が絶妙な雰囲気を醸し出します。

♡小山登美夫ギャラリーでも、杉戸洋さんの展示が同時開催中!どちらもアートファンなら見逃せない内容となっています!

 

 


《placing the boat》 2017年

 

 


《gekkoso 2》 2017年

 

 


《module》 2017年

 

 

【展覧会概要】
杉戸洋 とんぼ と のりしろ
Hiroshi Sugito module or lacuna

会期:2017年7月25日(火)~10月9日(月・祝)
会場:東京都美術館 ギャラリーA・B・C
休室日:月曜日、9月19日(火)
※ただし、8月14日(月)、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開室
開室時間:9:30~17:30、金曜日は9:30~20:00(いずれも入室は閉室の30分前まで)
※ただし、7月28日(金)、8月4日(金)、11日(金・祝)、18日(金)、25日(金)は9:30~21:00

観覧料:一般 800円/65歳以上 500円/大学生・専門学校生 400円/団体(20名以上)600円 *高校生以下無料 
*10月1日(日)は「都民の日」により、どなたでも無料 ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(証明できるものをご持参ください)
特設サイト:http://hiroshisugito.tobikan.jp/

 

 

【ギャラリートーク】
日時:2017年8月4日(金) 19:00~19:30
   2017年8月18日(金)19:00~19:30
   2017年8月25日(金)19:00~19:30
講師:水田有子(東京都美術館 学芸員)
会場:東京都美術館 ギャラリーA・B・C
※参加無料。ただし展覧会場内のため、当日有効な本展観覧券が必要です。

※バナー画像は《placing the boat》 2017年

 

 

【同時開催中の展示はこちら】
杉戸洋「frontispiece  and  end leaf チリと見返し」