独学アーティスト エディ・マルティネズの日本初の個展「Blockhead Stacks」が開催

記事をシェア

独学アーティスト エディ・マルティネズの日本初の個展「Blockhead Stacks」が開催

【今週のおすすめアート】

独学アーティスト エディ・マルティネズの日本初の個展

「Blockhead Stacks」が開催

 

 

〜girls Artalk 的 おすすめポイント〜

◆2018 年 12/20(木)〜2019 年 1 月 23 日(水)の期間、注目のアーティスト、エディ・マルティネズの日本初の個展が開催されます。

 

◆ガムの包み紙などを用いた型破りなペインティングが生み出す独創的な質感、幾重にも重なった色や筆の痕跡による奥行きは、作品を真正面から観る楽しみを教えてくれます。

 

◆「Blockhead Stacks」と題された本展では、スカルをモチーフとした作品が楽しめます。作品毎に様々な道具で描かれているので、その違いを見比べてみるとさら に発見があるかもしれません。

 

スタジオで制作中のエディ・マルティネズ Photo credit Charlie Rubin

写真左:BH Stack #2(Picnic Dreams),2018
Oil paint,spray paint,collaged canvas,thumbtacks and cloth on linen 101.6 × 76.2cm
写真右:Bh Stack #11(Blockhead Goes to Japan),2018
Oil Paint and acrylic paint on canvas 101.6 × 76.2cm

 

Untitled #5,2018 Sharpie,colored pencil,oil paint,frame 20.1 × 25.5 × 4.1cm

 

【展覧会概要】
期間:2018 年 12 月 20 日(水)〜 2019 年 1 月 23 日(水)
時間:11:00 〜 19:00
会場:ギャラリーペロタン東京
住所:東京都港区六本木 6-6-9 ピラミデビル 1F
休館日:日、月曜日 及び 祝日
入場無料
ホームページ :https://www.perrotin.com/

 

【アーティストプロフィール】
Eddie Martinez (エディ・マルティネズ)

1977 年、アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。現在はブルックリンを拠点に活動するアーティスト。美術学校にはごく短期間のみ在学したため、実質的には独学の側面が強い。その作品には現代文化のゆとりや軽さを具現化していると捉えることができると同時に、抽象表現主義、新表現主義、CoBrA などの歴史的ムーブメントの要素をも示している。2005 年に初の個展を開催し、近年も多くの国で個展を開催している。現在は Bronx Museum of the Arts(ニューヨーク)にて個展「White Outs」を開催中(会期は 2019 年 2 月 17 日まで)。

 

 

 

 

【独創的な作品が好きな方はこちらもおすすめ】

エスパス ルイ・ヴィトン東京 ヤン・フードン展「The Coloured Sky: New Women II」

 

【抽象アートが好きな方はこちらもおすすめ】

あなたが巨匠の作品の一部に ヘスス・ラファエル・ソト展

 

バナー画像:
BH Stack #4(Some Snakes Are Only Toy Snakes),2018
Oil paint,enamel and spray paint on canvas
101.6 × 76.2cm

 

掲載写真はすべて © Eddie Martinez; Courtesy of the artist, Perrotin, and Mitchell-Innes & Nash, New York.